1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2024.3.1

JAXA successfully launches next-generation H3 rocketH3ロケット2号機、打ち上げ成功

このページを印刷する

日本の宇宙機関(JAXAのこと)は2月17日、次世代H3ロケットの打ち上げに成功し、1年近く前に最初のモデルの失敗を経て、この国の衛星打ち上げと宇宙開発の野望に待望の後押しをもたらした。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業が開発したこのH3液体燃料ロケットは、鹿児島県にある種子島宇宙センターから午前9時22分に打ち上がった。

このH3ロケットは、ロケットの飛行実績を確認するため、地球の観測衛星「だいち3号」とほぼ同じ重さの2.6トンの模擬衛星「VEP-4」を搭載していた。「だいち3号」は昨年3月に1号機の打ち上げ失敗で失った。

飛行試験として飛ばされたこのロケットは、相乗りの積載物として2機の小型衛星も搭載していた。

日本の主力ロケットとしてのH3ロケットの開発は、2001年から運用されてきたH-IIAロケットと交代させるために10年前に始まった。打ち上げ回数を増やし、政府だけでなく国内外の商用利用者からも受注を獲得するため、JAXAはH3ロケットの費用を、民間用部品や3Dプリンターで作られた部品を採用することによって、一機当たりの費用をH-IIAの半分の約50億円にまで削減したいと考えている。

英文記事を見る

第6回 Change Maker Awards 全国大会レポート

第6回 Change Maker Awards 全国大会レポート

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み